料理2020.04.16

パリッコ

自宅をビアガーデンに。メルカリで「ちょうちん」と「メスティン」を買って家飲みを充実させる

はじめてのメルカリ体験

はじめまして。酒場ライターのパリッコと申します。
 
普段は大衆酒場に関する記事を書くのを主な仕事としているのですが、昨今は夜の街に出かけていってお酒を飲むということができない状況(大変なのは飲食店を経営されている方々。なんとかこの危機を乗り越えて欲しいと願っています)。
 
一方で、日々楽しくお酒は飲みたい。というわけで最近はもっぱら家飲みばっかり。

佃煮と缶チューハイ。油断すると毎日こんな感じになる

ワンパターンだとどうしても飽きがきてしまうので、こんな状況の中でもなんとか精一杯楽しんでやろうと、あれこれ試行錯誤しながら飲んでいます。
 
そこで思いついたのが、メルカリを利用した家飲み環境向上計画!
 
僕、キッチングッズやアウトドアグッズが大好きで、そういうものを使って、自宅にいながらにしてお店気分やアウトドア気分で飲むための研究に、日々余念がないんですね。スマホひとつで簡単に買い物ができるメルカリは今の気分にぴったり、と気づいたわけです。
 
前に使ってみようとアプリはインストールしていたものの、なんとなく一度も利用したことがなかったメルカリ。よし、この機会に始めてみよう!

最初に買うのはずっと欲しかった……アレ

実はですね、最近ずっと欲しいと思いつつ、まだ手に入れていなかったアイテムがあるんですよ。それは、「トランギア」というアウトドアメーカーの、「メスティン」というアルミ製炊飯鍋。
 
なんでも、トランギアが開発した独自の形状がポイントで、ものすごーく美味しくご飯が炊けるうえ、これひとつでさまざまなアウトドア料理も手軽に作れてしまい、しかもそのまま食器にもなってしまうというすぐれものらしい。
 
こういう、今すぐ日常生活に必要とはいえないグッズって、意外と買うタイミングがわからなかったりしますよね。よし、今しかない!
さっそくアプリを立ちあげ、「メスティン」と検索してみました。本体のほかに、関連して使えるグッズなどもあれこれ出てきていきなり楽しい。
これがメスティン。
人気の品だからなのか、未使用品をそこまで値引きせず出品されている方が多いですね。なかなか掘り出し物はなさそう。が、しつこくしつこく画面をスクロールしていくと、こんな商品を見つけました。
メスティンに加え、固形燃料を乗せて簡易コンロとして使える折りたたみ式の「ポケットストーブ」、屋外で風を防ぐための「ウインドスクリーン」がセットになって3,200円というもの。これはお得なんじゃないですか!?
 
ただ、一点だけ気になることも。それは、このメスティン、トランギア製じゃないそうなんですよね。
とはいえ、商品説明には丁寧に同等の性能であることが書かれています。
 
さらにあれこれ調べてみたところ、メスティンの語源は、英語でmess+tin。翻訳すれば、食事+缶。つまりは「飯ごう」全般のことを指す言葉であり、この商品がメスティンじゃないってことはない。
 
まず試しに買って、家で遊んでみるにはじゅうぶんか。うん、すいませ~ん、これください!

初の購入体験にドキドキ

取引画面で購入ボタンを押すと、間髪入れずに出品者さんからメッセージが届きました。
うわ、相手、人だ!
当たり前のことなんですが、ここで急にメルカリが「フリマアプリ」であることを実感。普段利用している通販サイトの事務的な対応とは違って、しばらくの間、相手の方とのやりとりが始まるわけですね。
 
「メルペイ」やクレジットカード払いが便利そうですが、お恥ずかしい話、先日クレジットカードを紛失してしまいまして、現在再発行申請中につき、使用できないんです……。でも心配は無用でした。
 
各種の支払い方法のなかには「コンビニ払い」の選択肢もあり、手数料が100円プラスされてしまうものの、問題なく支払いは完了。
 
支払いが完了したら相手にメッセージでそのことを伝えてみます。
するとすぐに発送の連絡が! なんてスムーズ。なんだか楽しくなってきたぞ~。
そして2日後。
お! おおおおお! なんかそれらしき荷物が届いた~!
丁寧な梱包ありがとうございます。いそいそと包みを開けると……。
かっけー!!!
ピッカピッカのメスティンがついに我が手中に。
フタをパカっと開けると、なかに付属品がすっぽり。
こりゃあキャンプに行きたくなっちゃうな~。
 
商品を確認したら、こちらから今回の対応に関する「受け取り評価」をして取引が完了となります。
もちろん「良い」を選択。するとこれまたすぐに、相手からも評価が届きましたよ。
やったー星5つ! なんだろうこの、今までに感じたことのないタイプの嬉しさは……。

メスティンでご飯を炊いてみよう

さっそく届いたメスティンであれこれ作ってみたいわけですが、まずは一度、本来の用途である「炊飯」をしてみようと思います。すっごく簡単で美味しいらしいんだけど、さてうまくいくかな~。
使いはじめる前に米のとぎ汁を沸騰させて「シーズニング」という作業をしておくといいらしいので、念のため。
シーズニングが終わったら研いだお米1合を入れて……おっと、ここで問題発覚。トランギアのメスティンには、内部にふたつのポッチがあり、そこが米1合を炊く際の水分量の目安になるそうなんですが、このメスティン、ポッチの配列が違う! ネットで調べてみると、米1合なら水分量は200mlが目安ということで、計量してことなきをえました。一度慣れてしまえば迷うことはなさそう。
しばらくお米を浸水させたらいよいよ炊飯開始。
付属品だったポケットストーブを、家の中でいちばん安全であろうガスコンロ台の上に置き、固形燃料をセット。固形燃料は100均でも売っています。
着火! ゆっくりと10分ほどかけて、なかからグツグツと音がたちはじめました。
さらに5分ほどたつと、フタの隙間から蒸気が。がんばれメスティン!
ちなみに炊飯時はおもしがあったほうがいいとのことで、明石の駅弁「ひっぱりだこ飯」の空き容器を乗せています。
約20分後、対象が完全に沈黙。ここまで火加減の調整とか一切なし。ほっとくだけってのがお手軽でいいですよね。
これを厚めのタオルでくるみ、逆さにして15分ほど蒸らします。
布団かぶって寝てるみたいでかわいい! この工程がかなり重要なんだそうです。
 
これでお米が炊けたはず。果たして結果は……。
お、なんかいい感じな気がする。
全体をざっくりと混ぜて、まずはそのままひと口食べてみます。
モグモグモグ……う、う、うまー!!!!!
次に、ぱらっと塩だけをかけてもう一口。
モグモグモグ……こ、これが本当のお米のうまさなのかー!!!!!
 
いや~これは衝撃的。いつも炊飯器で炊いているお米とまったく同じものだし、それで十分満足もしていたんですが、美味しさが別次元。甘くて、ものすご~くいい香りがして、そしてひとつぶひとつぶが口のなかでしっかりと存在感を主張してきます。
今までに食べたどんな白メシよりも美味しい気がする……。
僕、基本酒飲みなんで、夕食にお酒を飲むときは、あんまりお米って食べないんですよね。3人家族で一度に2合炊くと、それで2日持ってしまう感じ。
 
だけどこのご飯があんまり美味しいもんで、冷蔵庫にあったぬか漬けをおかずにしてみたらびっくり。箸が止まらなすぎる!
なんと、あっという間に完食してしまいました。1食で1合の米を食べたのなんて何年ぶりだろうか……。

ベランダをビアガーデンに!

さぁ、メスティンに興奮して前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ家飲み向上計画を進めていきましょう。
 
メスティンはそのまま食器になるので、これでおつまみを作ってベランダに持ちだせば、いつでもアウトドア気分。加えてそうだなぁ、せっかくいい気候になってきた今日このごろ。ベランダを一足早くビアガーデン風にアレンジしてみるなんてどうでしょうか?
となると必要なのは……。
やっぱり「提灯」ですよね! これまた検索するとあれこれ見つかります。
いいねぇ、この沖縄感。買い!
 
2度目の買い物となる今回は、初回よりもう一歩勇気を出して、感想コメントを一言足してみました。
よ、余計なことしちゃったかな……ドキドキ。
優しかった! このちょっとした交流がなんだか嬉しいんだよな。
ほかに今回の計画のために購入したグッズたちは以下。
これまた前から欲しかったレトロな栓抜きもオリオンビールのものを発見! 送料込み1,100円でした。
オリオンの勢いが止まらずTシャツも! 僕にとってはちょっとお高めにも感じる2,500円という値段に迷ったんですが、届いてみると超美品だしかわいいしで大満足。

メルカリ家飲み、最高!

いよいよ今回買い集めたグッズたちを使ってのベランダビアガーデンを開催しましょう。
 
おつまみは何にしようか? まさかビアガーデンで白米というわけにもいかないし。ポトフなどの汁物や鍋物なんかはメスティンの得意分野だそうですが、どうも冬っぽい。そこで思いついたのが、麻婆豆腐!
さっそく作ってみます。
お湯を沸かしたメスティンに、刻んだネギとひき肉を。今回は、豆腐以外の具材なしで作れる市販の麻婆豆腐の素を使うつもりなんですが、具沢山のほうがつまみになるからね。
豆腐と素も加え、フタを閉めてゆすり、中火で3分ほど放置。パカっとフタを開けて味見してみると、うん、いい感じ! 特に参考にしたレシピなはなくフィーリングで作ってしまいましたが、超簡単に失敗なくできました。
いそいそとセッティング。半丁ぶん残った豆腐を使った冷奴と枝豆が乗っているお皿は、メスティンのフタです。
ははは、予想以上に最高の気分。
麻婆豆腐のおつまみ力をさらに高めるためにひとアレンジ。コンビニなどで売っている「麻ピー」という商品。砕いて料理にかけると、花椒と唐辛子の痺れる辛さ、ピーナッツの食感とコクが加わり、どんな中華料理もワンランク上の味になってしまうことに、最近気がついたんですよね。
これで完成! と。
買った栓抜きでビールを開けて。
始めま~す!
 
半袖でちょうどいい気候の中、痺れる辛さの麻婆豆腐をつまみにビールをグビグビ。吹き抜ける風を感じながらしばし目をとじる。……ベランダビアガーデン、はっきり言って最高じゃないか!
物干しざおしかかけるところがなかった提灯が、ちょっと邪魔な以外は。
日が暮れ始めるとさらにいい雰囲気に。
 
というわけで、生まれて初めてのメルカリ飲みは、非常に満足ゆく結果になりました。
っていうかメルカリ、家飲みに使えるグッズ、探せば探すほど無限に出てくるから、再発行されたクレジットカードが届いてしまったらさらに危険だな~……。
今回ゲットした品々。
無事星5つの高評価をいただきました。
 
おっと、気づきました? さっきの一覧の中に、記事に出てこなかったアイテムがあることに。
実はですね、今回の企画のためにあれこれ商品を探していたところ、この「湯どうふ鍋」ってのがとっても気になりまして。
2,750円か……欲しいな~買っちゃおうかな~……と悩みつつさらにスクロールしていくと衝撃の商品を発見。
どう見ても同じものが、450円!?
買わないわけがないでしょう。プラス1,500円ほどの送料がこちら負担でかかりましたが、それでもだいぶお得。
 
で、こっちは室内で、しっぽりと晩酌するときに使わせてもらっているわけですが、もうね、たまりませんよそりゃあもう。
やっぱり危険だな~、メルカリと家飲みの相性……。
パリッコ
酒場ライター、漫画家/イラストレーター、DJ/トラックメイカー、他。著書に『酒場っ子』『つつまし酒 懐と心にやさしい46の飲み方』、スズキナオ氏との共著に『酒の穴』など。
twitter:@paricco
(執筆・撮影/パリッコ、編集/メルカリマガジン編集部)
<メルカリをはじめる方へ>
これを機にメルカリをはじめてみたいと思った方へ、メルカリの使い方が「読めばわかる」メルカリ教室本をプレゼント中です。ぜひ参考にしてみてください。
(リンクをクリックするとPDFファイルが開きます)

PC用
スマートフォン用
116 件

WRITTEN BY

パリッコ

酒場ライター。1978年東京生まれ。著書に『酒場っ子』『天国酒場』など。好きなものはホッピー。

好きなものと生きていく

メルカリマガジンは、「好きなものと生きていく」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。さまざまな方の好きなものや愛用品を通して、自由な人生の楽しみ方や多様性を紹介していきます。