リュウジおにいさんの調理器具「バズレシピに欠かせない道具」5選

一度買った調理器具はめったに買い換えず、ずっと使い続ける派だというリュウジ@料理のおにいさん。料理研究家である彼の“バズレシピ”に欠かせない調理器具を紹介していただきました。どれも「一家にひとつあれば間違いなし」と太鼓判の逸品です!
(執筆/荒川のじみ、編集/メルカリマガジン編集部、撮影/高橋奈水子)

削りはなんでもお任せあれ! Microplane「プレミアム ゼスターグレーター」

リュウジさん

これは7〜8年前に購入したものなので年季が入ってます。僕は昔、冷蔵庫にチーズの塊を常備していて、それを削って粉チーズにしていたんです。でも、ボックス型のチーズ削りは硬くてなかなか削れないし、料理する前に疲れちゃうんです。でもこれを使えば、疲れずにめちゃめちゃ削れます。

ニンニクや生姜、レモンの皮もこれでOK。ニンニクなんて、普通のおろし金で削ると刃の間に挟まって取れないときがありますよね。挟まったニンニクを取るためにスプーンを使うと、余計な洗い物も増える。でもこのゼスターなら余計な力もいらなくて、余計な洗い物も増えません。もう最高じゃないですか?

紐をひっぱるだけで簡単みじん切り TAKAGI「チョッピングカッター」

リュウジさん

僕が持っているアイテムの中で、これが一番使えるかな。ハンバーグを作るときとか、玉ねぎのみじん切りってめっちゃ面倒臭いですよね。特に家族で住んでいる方だと、玉ねぎ1個や2個をすべてみじん切りにしないといけない。でもチョッピングカッターを使えば、具材を入れてヒモを引っ張るだけでみじん切りができちゃうんです。フードプロセッサーのように電源も必要ないし、場所もまったく取りません。

そして実はこれ、野菜だけでなくお肉にも使えるんです。ひき肉が売り切れていたときは、豚こま肉を買って自分でひき肉を作ったりしていました。僕はひとり暮らしなのでこのサイズですが、大きなサイズもあります。これがあるかないかで作業効率がまったく違ってくるので、みじん切りが面倒臭い人はとにかくこれを買え! 僕はもう手放せません。

実は低温調理器は料理初心者におすすめ! ANOVA「Precision Cooker」

リュウジさん

低温調理器って料理好きな人しか買わないイメージがありますけど、これは料理が得意じゃない人ほど買ったほうがいい! 水を張った鍋などにこれを取り付けると、水の温度を一定に保ってくれるんです。どれだけ放置しても温度はそれ以上上がらないので、火力の調節が要らない。つまり料理初心者向きなんです。

低温調理器が真価を発揮するのは、お肉の調理です。お肉は65℃以上になるとタンパク質の凝固が始まって硬くなってしまいますが、これがあればローストビーフやローストポークが絶対に固くなりません。こんな楽なことないですよ!

リュウジさん

これ、本当に一家に一台の時代にしたいです。そしたら、もっとこれを使ったレシピを出せるのに! 僕が購入したときはまだ日本で売ってなかったので、5万円かけて空輸したんですけど、今はもっと安いと思います。2万円前後になったら、これを使ったレシピを出していこうかな。…え、安いのだともう8000円!? じゃあもう一家に一台買おうぜ!

リュウジおにいさん愛用の包丁2本

リュウジさん

僕が愛用している包丁は主に2本あります。まずはペティナイフ。僕の作る料理は基本的にこれ1本で作れます。イタリアの家庭では、お肉屋さんがお肉を全部切ってくれるので、ペティナイフしか使わないみたいです。イタリアンをやってたこともあるので、僕はこの包丁が使い慣れてます。

リュウジさん

最近仲間入りしたのは、この牛刀です。貝印さんからいただいたもので、ものすごくよく切れるんですよ。これはダマスカス加工という、鋼の中でも最高級の加工がされています。この2本があれば大体の料理は作れますね。

コンパクトな包丁研ぎ器 貝印「Qシャープナー」

リュウジさん

そしてこれは貝印の包丁研ぎです。1番、2番と番号が振ってあって、1番が荒砥石で2番が仕上げ砥石です。まずは1番で2〜3回研いで、そして2番で2〜3回研ぐだけでものすごく切れるようになります。コンパクトだし、下が吸盤になっているので固定できるし。僕はもうこれでしか包丁を研いでないですね。

リュウジさん

冷蔵庫にプチトマトがあったので、この研ぎ器で研いだペッティナイフでバラを作ってみたいと思います。プチトマトのバラはめっちゃ難しいんですけど…できたら褒めてください!

リュウジさん

はい、この研ぎ器とペッティナイフがあれば、このくらい出できます。技術がある人はもっと上手いんでしょうけど。あ、葉っぱも付けようかな。サービス精神旺盛なので(笑)。

リュウジ
ツイッターのフォロワー約100万人の人気料理研究家。多くのバズレシピを生み出し、著書『バズレシピ』は第5回、第6回レシピ本大賞連続入選。無類の酒好きで知られ、部屋には多種多様なアルコール類がズラリと並び、自身のYouTubeチャンネルでは作った料理をツマミに酒を飲む姿も確認できる。また、水を使わずに作れる”無水料理”をよく紹介することから「リュウジさんの家ではたびたび水道が止められてしまっているのでは?」と心配する声が挙がるほど、フォロワーから愛されている。
リュウジ@料理のおにいさんバズレシピ

27 件

WRITTEN BY

メルカリマガジン編集部

誰かの「好き」が、ほかの誰かの「好き」を応援するようなメディアになりたいです。

RELATED TAGS

好きなものと生きていく

メルカリマガジンは、「好きなものと生きていく」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。さまざまな方の好きなものや愛用品を通して、自由な人生の楽しみ方や多様性を紹介していきます。