きゃりーのお洒落ワンちゃんグッズ7選

愛犬「あめちゃん」を家族に迎えてから1年。毎日とても楽しいと話すきゃりーぱみゅぱみゅさん。あめちゃんが普段使っているグッズを紹介してくれました。女の子のワンちゃんらしく、すごくガーリーでメルヘンなアイテムの数々。ただでさえ可愛いあめちゃんがさらにパワーアップして、もはやマスコットのようです。(編集/メルカリマガジン編集部、撮影/TRMN)

リンクコーデのお洋服

きゃりーさん

今日はあめちゃんと洋服を赤で揃えてみました。今の愛犬グッズって本当に可愛いのがたくさんあるし、女の子のあめちゃんに似合いそうなのがいっぱいあるから、いろいろ着せたくなっちゃいます。

ワンちゃんを飼ってなかった頃は愛犬グッズなんて気にして見たことなかったし、そういうお店に行ったこともなかったんですけど、あめちゃんを飼うようになってみると、子供服ばりにめちゃくちゃ種類があることに気づいてびっくり。今って本当にいろいろあるんですよ。

夏ワンピ

きゃりーさん

例えば、こういう服なんかも。夏仕様のお洋服です。高原の避暑地で涼んでいるお嬢様イメージですね。でも、あめちゃんって服を脱がすときに人格……というか“犬格”が豹変するんですよ。脱ぎたくないのか、ウ〜〜〜って唸るんですよね。箱入り娘なだけあってか、簡単には脱がせてくれません(笑)。

超メルヘンなお散歩用リード

きゃりーさん

こちらは超メルヘンなお散歩用のリードです。これもプレゼントでいただきました。ただ、あまりに可愛くて繊細でもったいなさすぎて、っていうか私の趣味が出すぎててちょっと恥ずかしくて(笑)、実際にお散歩で使ったことはまだあまりありません。だけどさっきの夏仕様のお洋服を着せて、このリードを合わせたら、オス犬はもうイチコロだと思います(笑)。

お気に入りのおもちゃ

きゃりーさん

ちょっとボロボロになってしまっているんですが、あめちゃんお気に入りのおもちゃです。いつもおうちでこれで遊んでます。それか一緒にテレビを観ているか。音を鳴らして投げるとちゃんと取ってきてくるんですよ。あめちゃん、偉い。

抱っこ紐みたいな愛犬バッグ

きゃりーさん

多分、あめちゃん自身が一番好きな愛犬グッズはこれですね。愛犬バッグです。とにかくあめちゃんは、いつもこのピンクのこのバッグに入れてほしくて、私が肩にかけると「私も出かけられるんだ!」みたいになって、すっごい喜んで尻尾を振ってピョンピョンするんです。

愛犬バッグにはリュックタイプもあるんですけど、これは抱っこ紐みたいな感じで身体の前に出して抱える感じになるので、それがとても安心するみたいです。この中に入っているときは、すっごく大人しくなるんですよ。MVの撮影とか1日中家を空けるときは現場に連れていくこともあるんですが、そういうときはマネージャーさんにお願いして、あめちゃんを入れたこのバッグを抱えてもらってます。その姿がなかなか可愛くて、私は「仕事頑張ろう」ってなります。

インテリアにもなっちゃう水飲み

きゃりーさん

この水飲みとかもすごい可愛くて、そのままお部屋のインテリアになっちゃいます。今はプラスチックとか金属のお皿だけじゃないんですよね。もはや人間が使ってもおかしくないクオリティです(笑)。

プレゼントのあめちゃんキャップ

きゃりーさん

それに犬を飼うようになってから、私の誕生日プレゼントとして愛犬グッズをいただくようにもなりました。この今、私がかぶっているキャップも誕生日でいただいたネコモーションさんっていう刺繍作家の作品なんですけど、この「你」と「好」の間のワンちゃんは、実はあめちゃんの顔なんです。そっくりですよね。ネコモーションさんは刺繍でいろんなのを入れられるみたいですよ。

きゃりーさん

愛犬グッズって、実際に犬を飼ってみないと見えてこないなあってつくづく思います。それもグッズだけじゃなくて、ワンちゃんと一緒にお食事ができるレストランやショッピングセンター、旅館とか……。今って想像以上にワンちゃんといろんなことができる環境が整っていて驚きの連続です。

ぶっちゃけた話、まだ犬を飼ってないときは“犬を飼ってる話”とか、どーでもよかったんですけどね……。飼ってる同士でめっちゃ盛り上がってる姿を見て、「へ〜」って思ってましたけど、いざ実際に自分で飼ってみると、「このご飯の食いつきがいい」とか聞いたら、すぐにメモしてすぐに買いにいったりするようになりました(笑)。本当にガラッと変わってしまいました。やっぱり立場が変わると、人間って変わるんですね〜。

きゃりーぱみゅぱみゅ
1993年、東京都生まれ。歌手。高校時代から読者モデルとして活動し、現在Twitterのフォロワーは525万人、Instagramは120万人。高校を卒業した2011年に『もしもし原宿』でメジャーデビュー。日本発のカルチャー“カワイイ”のアイコンとして世界で活躍。その一方で日本の伝統文化を取り入れて、今年の春に開催された『音の国ライブツアー』では出雲大社や京都・南座でライブを実施。歴史の文脈に“最新”を位置付けた活動をしている。きたる7月28日には、新橋演舞場で追加公演『きゃりーかぶきかぶき』の開催が決定。http://kyary.asobisystem.com/

WRITTEN BY

木下拓海

(きのした・たくみ) わけがわからないうちにたどり着いた職業が、編集・ライター。守備範囲は子育てから防衛技術まで。好きなものはハリネズミ。お腹を撫でられて伸びきっている姿を見ると悶え死にそうになる。

RELATED TAGS

好きなものと生きていく

メルカリマガジンは、「好きなものと生きていく」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。さまざまな方の好きなものや愛用品を通して、自由な人生の楽しみ方や多様性を紹介していきます。