車も気分も「バブリー」に  80年代のノスタルジーを味わえるカーグッズBEST3

2017年に「バブリーダンス」がSNSから話題になったのをきっかけに、バブル時代のカルチャーが再沸騰。今、欧米の音楽シーンでは山下達郎、竹内まりや、角松敏生などのシティポップが再評価され、フロアを沸かせています。そんな中、車業界もリバイバルブームが訪れています。

特に当時を知らない若いクルマ好きたちの間では、今90年前後のクルマに乗ることがアツいのです。例えば、当時らしさを感じられるR32スカイラインや子どもの頃に憧れたソアラを探して手に入れる人もいれば、父親が乗っていたクルマそのものを受け継ぐ人も。しかも、ただ乗るだけではなく、カーグッズや小物に至るまで“当時らしさ”を求めるのだそう。

当時を知る人には懐かしく、若い人には新鮮なバブル時代のカーグッズ。車好きが厳選した、"あの頃"の気分に浸れるカーグッズBEST3をご紹介します! (執筆/木谷宗義、編集/メルカリマガジン編集部、写真提供/會田圭祐)

第3位 車内の小物で80年代にタイムトリップ

『月刊くるま選び』(アポロ出版)

「バブル期は、クルマが身近になって性能も向上している中で、自分のクルマを“よりよくしたい”という気持ちが強くなった時代ですね。もちろん、女の子にモテたいという欲も含めて。だから、カーグッズも“より自分好みに”仕上げられるようなものがたくさん生まれていました」

そう話してくれたのは、會田圭祐さん(29歳)。會田さんは、1989年式の三菱ミニカ・ダンガンに乗り、車内外を89年当時に発売されていたアイテムでコーディネートするなど、“当時モノ”にこだわったカーライフを楽しんでいます。こちらが會田さんの愛車。

では今、クルマの中でバブルっぽさを味わうとしたら、どんな楽しみ方ができるでしょうか?

「ひとくちにバブル期といっても、80年代は時代が大きく動いた時代です。クルマで例えるなら、1980年に登場したスカイライン・ジャパンターボと1989年に登場したR32型スカイラインGT-Rを比べると、デザインも性能も全然違いますよね。だから、80年代の中でも狙う時代をピンポイントに決めて、コンセプトを練るのがオススメです。『この年式のこのクルマだったら、どんなアイテムをつけるだろうか?』『当時、実際にどんなものがついていただろうか?』と考えるのは、なかなか楽しいですよ!」

そこで會田さんは「1989年スタイル」と細かくコンセプトを定めました。クルマも89年式なら、カーオーディオも当時モノ。車内に置くカセットやCDといった小物まで、“当時、普通にいたクルマ”にこだわり揃えています。

會田さんの愛車の車内。カップホルダーやシフトノブまで当時モノにこだわっている

今井美樹『retour』1990年 フォーライフ・レコード

所ジョージさんのマスコットがついたドリンクホルダーは当時モノ。自動販売機で買えるBIGバーガーも当時っぽい

「当時の状況を知るのは、主に雑誌です。自動車雑誌だけでなく、週刊誌にもクルマの記事が載っていることがあるので、グッズの年代特定に役立ちます。時代の雰囲気を掴むと、ロゴの書体を見ただけでもなんとなく年代特定できるようになるんです。あとは、ディーラーの広報誌も役立ちますね。広報誌は、メーカーがそのクルマをどんな風に乗ってほしいのかというカーライフの提案が載っていたり、音楽や映画といったカルチャーの情報が得られたりするので、クルマの狙いから時代を掴める貴重な資料です」

第2位 今はもうないガジェットにときめく

「自動車電話もそうですが、技術の進歩によって今に通じるアイテムが出てきたのがこの時代。でも、どの程度、現代に近づいているかというとマチマチで、便利だなと感じるものもあれば、能書きばかり書いてある割に大したことないな、と感じるものもあります。そんなところに時代を感じて、胸がときめくんですよね」
バブル時代のカーグッズの代名詞といえば「自動車電話」。車の中で電話できるというのがイケてる時代があった。イカツい受話器が懐かしい!

自動車電話

バブル時代のカーグッズの代名詞といえば「自動車電話」。車の中で電話できるというのがイケてる時代があった。イカツい受話器が懐かしい!

車のシガーソケットから電源がとれるポータブルカラーテレビ。ビデオ入力ができたり、乾電池でも使えるところがポイント。ブラウン管の味わいがたまらない。

ポータブルテレビ

車のシガーソケットから電源がとれるポータブルカラーテレビ。ビデオ入力ができたり、乾電池でも使えるところがポイント。ブラウン管の味わいがたまらない。

第1位 なんといってもカーオーディオがバブルっぽい

SONY D-800K CAR Discman ポータブルCDプレーヤー

カーオディオと聞いて、「わ、懐かしい!」って思った人、きっといるでしょう。ところで會田さん、そもそもこの時代のカーグッズ事情ってどんな感じだったんですか?

「なんといってもテクノロジー自慢です! 『こんなに機能を詰め込みました。すごいでしょ?』というのが、当時のカーグッズの特徴。わかりやすいのがカーオーディオで、80年代にはただカセットテープを再生するだけだったものが、90年になると内蔵アンプにグライコ(グラフィックイコライザー)つきに。機能の分だけボタンも増えて、それがまたカッコよく、自慢にもなりました」
好きなプレイリストをカセットテープで聴くのがドライブでの醍醐味。音に合わせて光るのが、さらに気分を盛り上げてくれた。

カーオーディオ

好きなプレイリストをカセットテープで聴くのがドライブでの醍醐味。音に合わせて光るのが、さらに気分を盛り上げてくれた。

イコライザーは、音質調整機能のことですが、グライコはその音の変化をグラフィックで見せるというもの。車内で光るグライコのイルミネーションが当時のクルマ好きを虜にしたのでした。

「もうひとつ当時のカーオーディオを語る上で欠かせないのが、ソニー・カーディスクマンです。CDデッキはまだ高価だったので、安価にCDを再生する機械として発売されました。これを、助手席側に取り付けた専用のマウントアームに取り付けるのが、カッコよかったんです。カーオーディオへは、カセットアダプターという、カセットテープ型の接続アイテムを使って接続します」
カセットテープ主流だった時代に、車内でCDが聴けるというだけでナウかった。車専用に作られた仕様もカーマニアの心をくすぐる。

ポータブルCDプレーヤー

カセットテープ主流だった時代に、車内でCDが聴けるというだけでナウかった。車専用に作られた仕様もカーマニアの心をくすぐる。

カーディスクマンに接続して、このカセットアダプターでCDを聴く。今となってはこんな遠回り感も愛おしい。

カーカセット 接続アダプター

カーディスクマンに接続して、このカセットアダプターでCDを聴く。今となってはこんな遠回り感も愛おしい。

ちなみにこのカーディスクマン、一見するとポータブルCDプレーヤーと変わりませんが、車内でも操作しやすいように突起やイルミネーションがつけられていたり、本体に免震構造を採用していたり、車載のための工夫がなされているとのこと。細かい技術のこだわりが光ります。

終わりに

バブル的なファッションやカルチャーが再び注目されている今、ネオクラシックと呼ばれる当時のクルマにカーグッズを揃えて乗るのもカッコいいかも。エアロパーツもアルミホイールもいいけど、きらびやかなグライコつきオーディオで80’sを流してドライブするのも一興かもしれません。

30 件

WRITTEN BY

メルカリマガジン編集部

誰かの「好き」が、ほかの誰かの「好き」を応援するようなメディアになりたいです。

RELATED TAGS

好きなものと生きていく

メルカリマガジンは、「好きなものと生きていく」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。さまざまな方の好きなものや愛用品を通して、自由な人生の楽しみ方や多様性を紹介していきます。