櫻坂46×マイリスタート #9「サイレントマジョリティー」

世界的に未曾有の年となった2020年。そんな1年の締めくくりに、新たなスタートを応援するメルカリと櫻坂46の共同キャンペーン「My Restart Project」が始まった。本キャンペーンに合わせ、2020年12月24日より、新テレビCM「櫻坂46マイリスタート/告知」篇を全国(一部地域を除く)で放映開始すると同時に、欅坂46からリスタートを切る櫻坂46のメンバーが「思い出の品」を紹介する、全9本のWEB動画を特設サイトにて順次公開する。

メルカリマガジンでは、この「思い出の品」動画の全内容と撮り下ろし写真を大公開!メンバーがそれぞれの「思い出の品」にまつわる想いを語り、欅坂46時代の9曲を、櫻坂46と一緒に振り返ることができるオリジナルインタビューとなっている。(構成/メルカリマガジン編集部)

(左 渡辺梨加、中央 小林由依、右 菅井友香)

――この曲の思い出を教えてください。
菅井 ここから全てが始まったから、思い出どころか、これなしでは私たちはなかったなって思うくらい大きな楽曲だったね。
渡辺・菅井 うん。
菅井 渋谷川でジャケットを撮らせてもらって。
小林 「川にそのまま入って撮影するということがあるんだ?」って驚いた(笑)。
菅井 ね。キャーキャー言いながら入ったよね。
小林 やっぱりアイドルグループだから、かわいらしい楽曲とか、かわいらしい衣装とか、そういうのなのかなって思っていたら、すごく素敵な曲を歌わせていただけて。この曲によって自信が持てる部分とかがすごくあったというか。
菅井 自分にとってもだけど、人生の応援歌みたいな感じで。ずっといろんな方が「自分に歌ってくれているんだ」って思ってくださっていたらいいな、って思いながらよくライブでパフォーマンスしていた。
――印象に残るステージ
渡辺 1年目の紅白に出させていただいた時の「サイレントマジョリティー」は忘れられない。緊張しすぎて、もう、気づいたら終わっていたみたいな。
菅井 分かる。
渡辺 本当に一瞬だった。
菅井 あれこそ「人生でこんなことあるんだ」って感じたかもしれない。

――MV撮影の思い出
菅井 MV撮影覚えてる? けっこう前になるけど。4、5年前とか?
渡辺 うん。生まれて初めてのことばかりだったから。
菅井 初めてでいきなり一人でソロショットとかもふたりとも撮ってたじゃない。
渡辺・小林 うん。
菅井 最初からあれやると緊張するだろうなと思っていた。
渡辺 すごい緊張した。
菅井 渋谷ストリームが今できている工事現場だったから、全然ビルができるとか想像できなかったけど、「アイドルのミュージックビデオが工事現場なんだ」ってすごい感じたし。
渡辺 思った。
菅井 今しか撮れないというのはすごい聞いて、このタイミングが重なっているというのは奇跡だ、って。
小林 今さ、渋谷ストリームのところに行っても、「本当にここで撮ったのかな?」ってぐらい、景色も全然違くて。
菅井 渋谷自体がガラッと変わったもんね。この渋谷が変わっていくのと同じで欅坂がどんどん変わっていったなって思うと、 一緒にどんどん新しくなっているというのが感じられるかもしれない。ゆいぽん(小林)は、ほんとに貫禄が出たというか(笑)。ぺーちゃん(渡辺)はいい意味で変わらないでくれている。すごく安心する。
――欅坂46 >> 櫻坂46へ。あなた自身、どうリスタートしますか?
菅井 でもやっぱさ、こうやってサイマジョのMVとか改めて見て、新しくまたリスタートするけど、「初心は忘れないでいたいな」って改めて思った。
小林 櫻坂が5年後もまだ活動していられるように、っていうのが一番かな。
菅井 ね。もう5年と言わず、10年、20年って続いていけるようになりたいなって思います。
小林 ずっとね。
渡辺 初心を忘れずに……。
菅井 元気になりたいよね。
全員 うふふ。
渡辺 うん。元気に頑張ります。
――あなたがリスタートさせる ”モノ” を教えてください。
小林 私たちの思い出の品は、「サイレントマジョリティー」の衣装です。
菅井 ラストライブで最後に着た衣装でもあるので、もう、欅坂はこの衣装で始まって幕を閉じたんだなっていう風に思います。
小林 欅坂のグループカラーが緑だったので、全部緑を基調とした衣装で、スカートの丈も並んだ時にまっすぐ揃っているくらいの、いろんなものにこだわって作っていただいた衣装なので。いろんな思い出が詰まっている衣装です。お別れをして次に進むんですが、またみなさんの中に、私たちに思い出と一緒に、この衣装が残り続けてくれたら嬉しいなと思います。

全員 「サイレントマジョリティー」の衣装をメルカリへ。みんなで応募してねー!
10 件

WRITTEN BY

メルカリマガジン編集部

誰かの「好き」が、ほかの誰かの「好き」を応援するようなメディアになりたいです。

好きなものと生きていく

メルカリマガジンは、「好きなものと生きていく」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。さまざまな方の好きなものや愛用品を通して、自由な人生の楽しみ方や多様性を紹介していきます。