【日本の山】初心者はどの山から登ればいいの? 登山ガチ勢に聞いて行ってきた【多すぎ】

初心者だけど、気持ちよくて達成感のある登山がしたい! でも日本は山だらけ、一体どれに登ったらいいの...?「ほぼ高尾山しか登ったことない」というライターのヨッピーさんが、山のプロたちに助けられ、本格的な登山に初挑戦。厳選した山で待っていたのは、美味しい山小屋ごはん、ほどよい冒険感に、絶景ビュー。読んだら絶対に登りたくなる、山登りビギナーにオススメの山はこれだ!(編集/メルカリマガジン編集部、撮影/ヨッピー)

こんにちは。「豚に真珠」の豚ことヨッピーです。
とりあえずこの、美味そうにビールを飲むおっさんと、
この絶景をご覧ください。「あれ?新しいゼルダの伝説の画面かな?」って思いました?
ププーッ、クスクス。ありがとうございます。最新ゲームのCGでもありませんしフリー素材でもありません。 実写です。 本日は人生で初めての本格登山に来ております。

実は前々から「本格的な登山、やってみたい!」と思っていたので、当メルカリマガジンから「なんか書いてよ」って言われたタイミングで「山に行きたい!」と即答しました。人の金で食べる焼肉が美味いのと同じく、人の金で登る山もきっと気持ち良いに違いないと思ったからです。
そんなわけで「よっしゃー!山に登るぞ~~!」みたいなテンションなんですけど、まずは どこの山に登るかを決めようと思って「初心者 おすすめ 山」とかで検索するじゃないですか。そしたら「初心者におすすめの山20選!」「絶景の山30選!」みたいな記事がゴロッゴロ出て来るんですよ。

そんなにいっぱい提案されても、結局どの山を登ったら良いかがわからんやないかーい!
そこで、本日は登山者向けGPSアプリ「YAMAP」を開発する株式会社ヤマップさんにお邪魔しました。ヤマップさんの社員はみんな山好き揃いらしいので、ここの人に聞けば全部教えてくれるに違いない!左のヒゲ眼鏡が﨑村さんで、右の女性が中條さん。

事前にメルカリで揃えた登山用の服で乗り込んだ僕。

ヨッピー

あのですね、「初心者にはこの10個の山がおすすめ!」とか言われても「結局どの山から登ったらええねん!」ってなるじゃないですか。だからもう今日は、「とりあえずこの山登っとけや!」みたいなやつをバシッと決めて欲しいんですよ。

中條さん

なるほど、言われてみればそうですね。とは言え、本当の本当に初心者で関東の方なら、やっぱりベタなのは高尾山とか……。

ヨッピー

高尾山ね。僕も登った事があるしね、確かに楽しい場所だと思いますよ。お手軽だし。でもお手軽すぎるんですよ。あんなもんせいぜいハイキングじゃないですか。近隣のラブホテルに泊まってた大学生カップルが思いつきでいきなり向かっても全然登れる。

中條さん

あー。多少は「山登りしてる!」みたいな感じがある方がいいんですね。

ヨッピー

そうですそうです。「よし!登山やるぞ!」っていうテンションになれる所!

中條さん

これは責任重大……。

ヨッピー

実は僕、友達に誘われて、長野県の某山に登った事があるんですけど、その山って頂上までずーーーっと林の中で全然眺めが良くなかったんですよ。5時間かけて頂上についたらガスってて何も見えないし……。

「登山ってこんなもんなの?辛いだけでは?」とか思ってたら、同じタイミングで頂上についたおばちゃんも「私、定年してから今まで日本の色んな山に登ったけど、この山ぜんぜん面白くないわ!兄ちゃんらも他の山に行った方がええよ!」って。

﨑村さん

それはひどい(笑)でも確かに、最初に楽しい体験をしないとまた次に行こうとはならないですよね。

ヨッピー

そうそう。だから、是非ともみんなが山を好きになれる素敵な山をご紹介頂きたく……。

﨑村さん

頑張ります!

とりあえず僕からは、

・都内の会社員が土日を使って行ける範囲
・そこそこ登りごたえがある
・とは言え危険は少なめ
・絶景が見られる
・下山後のご褒美(おいしいグルメや温泉など)がある
・その他名物なんかもあるといい

みたいな条件を出しました。いきなり乗り込んで来ておいてなんてワガママなやつなんだ。

﨑村さん

えーと、本当の本当の初心者の方なら、言った通りまずは高尾山から登ってみるのがやっぱり良いと思うんですね。高尾山ですらしんどいって言う人はいると思うので。

ヨッピー

はい。そこまではオッケーです。

﨑村さん

で、高尾山登って「楽しい!」と思えたのなら、その次は丹沢大山とか金時山が近いし難易度も高くないから本格的な装備も必要なくてちょうど良いと思うんですけど、ただまあ、普段運動していたり、体力がある人にとっては「こんなもんか」っていう物足りなさはあるかも知れません。

ヨッピー

でしょう。ちょうど、その次くらいの難易度の良い山を教えて欲しいんですよ僕は!
ちゃんと事前に準備して「よし!行くぞ!」くらいのテンションになれるところ!

中條さん

そうすると、【日帰り】と【泊まり】の2つパターンがあるなと思うんですが、

【日帰り】
・瑞牆山(みずがきやま)

【泊まり】
・唐松岳(からまつだけ)

っていうどちらかですかね……?
瑞牆山は奥秩父にある山なんですが、鎖場(くさりば)って言って鎖を掴んで登る岩場があって「山、登ってる!」っていう感じがありつつも、登山口から山頂まで3時間あれば登れるので都内から日帰りで行く事も十分に可能ですし、眺めも富士山や八ヶ岳が見えて綺麗です!
瑞牆山は本当におすすめです!

ヨッピー

なるほどなるほど。泊まりの方は?

中條さん

山の楽しみって頂上に登って綺麗な景色を見るっていうのはもちろんなんですけど、それ以外にも山小屋に泊まって満点の星空を見るとか、美しい朝焼けを見るとか色々ありまして。でも日帰りだとどちらも見れないじゃないですか。

ヨッピー

そうですね。夜中、山の中でのんびり「星が綺麗だな~」とか言ってたら確実に遭難しますね。クマに食い殺される。

中條さん

そうそう。それに唐松岳は長野県の白馬なので、大自然の雄大さみたいなものは関東の山とは比べ物にならないくらい良いんですよね……。

だから、1泊2日で、1日目に唐松岳の山小屋に泊まって、2日目に頂上にアタックして東京に帰って来る、みたいな行程を取れば日帰り登山では味わえない楽しさも堪能出来ると思います。

ヨッピー

ほほ~~!山小屋に泊まった方が登山の喜びを余すところなく堪能できるわけですね。

中條さん

そうですそうです。もちろん日帰りでも良いんですけど、時間の余裕も出来るし、ひととおり楽しみたいなら1泊した方がいいですね!そして1泊するならやっぱり長野の山がおすすめです!

ヨッピー

ちなみに、有名な富士山とか槍ヶ岳とかはどうなんです?

中條さん

富士山って、五合目から頂上までけっこう登らなきゃいけないですし、高山病の心配もあるので実は初心者向けではないんじゃないかと。

槍ヶ岳はもっと初心者が行っちゃダメです。登山ガチ勢に怒られます。

槍ヶ岳にいきなり登っちゃダメなんだそうです。

ヨッピー

よし!じゃあ白馬に行きます!

﨑村さん

頑張ってください!

【白馬に行こう】

山岳ガイドの河合宗寛さん

さあ、そんなわけで早速白馬にやってきました。さすがに初心者がひとりで登るとアレコレ怒られそうなので、山岳ガイドの河合宗寛さんに同行して頂きます。

ちなみに新宿からだと白馬まであずさ3号に乗れば直通、4時間で到着! ただし「あずさ」は全席指定なのでちゃんと事前に予約しておきたいところ。

僕、適当に「いけるやろ」とか思って当日駅でチケット買おうと思ったら全席埋まってて 4時間立ちっぱなしでしたからね。殺す気か。

途中のコンビニで、登山用の行動食を調達!

ちなみに、事前に河合さんから教えて頂いた持ち物は以下の通り!

【服装】

・綿を含まない長袖のシャツ
・綿を含まない長ズボン、もしくはタイツ+半ズボン
・速乾性の下着(スポーツ用など)
・ウールなど綿を含まない靴下
・登山靴
・リュック(30Lくらいの容量のもの)

綿を含んでいる素材のものは乾きづらいらしく、汗冷えして低体温の原因になるそうです。

登山用のハーフパンツをメルカリでゲット!

リュックは元々持っていた私物ですが、メルカリならリュックもお得に買える!

【持ち物(絶対必要なやつ)】

・フリースや薄手のダウンなど防寒具
・「撥水」ではなく「防水」の雨具上下。出来ればゴアテックスなど透湿性のあるもの
・予備含めて2泊ぶんの着替え(下着のみ)
・ヘッドランプ(明るさ100ルーメン以上)と予備の電池
・スマホ用のバッテリー
・手ぬぐい・スポーツタオル
・厚手のビニール袋(荷物が濡れないように小分けにするため。ゴミを持ち帰るため)
・簡易携帯トイレ
・健康保険証
・現金
・水筒、もしくはペットボトル(1日2~4リットル目安)
・行動食(カロリーメイト、ドライフルーツ、ナッツなど軽くてカロリーがあって腐らないもの)
・その他夏場は塩アメなど(熱中症予防に)

特に、天気がどれだけ晴れ予報だとしても、雨具と防寒具は必須だそうです。山の天気は変わりやすく、急激に気温が下がったりするらしい。

【持ち物(あると良いやつ)】

・サングラス
・日焼け止め
・虫よけ
・綿を含まない手袋
・洗面用具
・救急セット
・耳栓(山小屋のイビキ対策)

以上、この辺をリュックに詰め込んで、いよいよ山小屋に向けて出発じゃーい!
……とは言え、今日は山小屋に泊まるくらいしか予定がないし、まだ時間があるので白馬周辺をウロウロしてみます。こちらは「岩岳」のゴンドラ。
冬季はスキー場になっているそうなのですが、夏季はダウンヒルのコースになっているらしい。早すぎて撮れなかったのですが、猛スピードで駆け下りてくマウンテンバイクが居たよ。 Youtubeで良く見るやつだ。
そして「岩岳マウンテンリゾート」にやって参りました。
なにこの絶景……!
更に、このトチ狂った金持ちが道楽で建てました、みたいなテンションの建物があるんですけど、
死ぬほど眺めがいいカフェになってるんですよね。おっしゃれ~~!

これは白馬に来たら是非とも来て頂きたいところ!
そんなこんなで絶景を堪能しつつ、また別のゴンドラに乗って宿泊予定の山荘に向かいます!
そして山に入る時には忘れずに入山届を書いておこう。
今はインターネットでも提出できるらしい。
ゴンドラを乗り継いで標高1830mにある八方池山荘に到着!

八方池山荘
https://yamagoya.hakubakousha.com/
もう既に眺めが良いのですが……。
山荘の食堂はこんな感じ!
寝室はいわゆる雑魚寝で2段ベッドみたいになっている。畳1.5枚ぶんくらいが自分の領土。
「山小屋」ってなんかもっと暗くて汚いのを想像してたんですけど割と綺麗でびっくり!

河合さん

どうします?夕飯までまだ時間があるので、この近くにある「八方池」まで散歩しません?綺麗で有名な場所なので!

ヨッピー

行きます!

ちなみに今回の僕の服装はこんな感じ。
リュック、Tシャツ、タイツは元から持ってた私物で、それ以外はメルカリなんかを駆使して買いそろえたやつです。

河合さん

メルカリ、僕も使ってますよ!ガイドのお客さん用の装備や、冬山用のアイゼン(靴に着けるトゲトゲしたやつ。氷の上でも滑らないように使う)、登山靴なんかも買っちゃいますし、あとは家族でキャンプ行く時に道具買ったり。

ヨッピー

めちゃくちゃ使いこなしてるじゃないですか。

河合さん

山もキャンプも、中古の道具ってあんまり売ってないから安く買えてありがたいです。

ヨッピー

いいですね。いい感じにメルカリに媚びられましたね。

そんなわけで河合さんの案内でえっちらおっちら登って行くんですけど、

あ~~なるほど~~~。

なるほどね~~~。

ヨッピー

なにこれ?ゲームの画面?

河合さん

いやー、ヨッピーさんは白馬に来て正解だと思いますよ!北アルプスの山々に囲まれた、360度の絶景ってなかなか見られませんからね!

40分くらい歩いたところで、「八方池」に到着!

河合さん

ここって写真家の人なんかにはすごく人気のある場所で、これだけ人が居ないタイミングも珍しいのでラッキーですよ!

ヨッピー

おーすごい!水面に山が映るんですね!

河合さん

そうです。ちょっと雲が出てるのが残念ですね。晴れればもっと鮮やかに映るんですが……。

ヨッピー

いやもうじゅうぶんですよ。なんかもうさっきから綺麗な景色ばっか見てるので、「明日はもう山に登らなくてもいいのでは?」みたいなテンションになってきました。

河合さん

こころざしが低い。

山小屋に戻り、さっそくビールをかっ食らう僕。ちなみに山小屋価格で1本500円!

ヨッピー

クゥゥゥーーッ!うめえwwwwwwwww

ちなみにこういう眺めを見ながらのビールです。

河合さん

標高が高いと、お酒がまわりやすいんで気を付けてくださいね。

ヨッピー

あれ?河合さんは飲まないんですか?

河合さん

まあ、僕は仕事ですし……。

ヨッピー

へーーー。

ヨッピー

カァァアアアアア!染みるゥゥゥウウウウウ!!!!

河合さん

……。

ヨッピー

それでこそ人間のあるべき姿だと思います。

河合さん

すみません仕事中なのに。

ヨッピー

でもアレですね。お客さんはご年配の人が多いですね。若者があんまりいない。

河合さん

そうですね。この山は登りやすいですし。もっと本格的な山だと体力のある若い人たちばっかりのところもあります。

ヨッピー

まあでも、登山っていい趣味ですよね。運動にもなるし、子どもに手がかからなくなったかな、くらいに夫婦でのんびり山でも行くかっていう。「勝ち組」みたいな感じがすごい。僕らがあれくらいの歳になる頃、果たしてのんびり山に登って過ごせるくらいに余裕のある生活が送れるのだろうか……。年金だって貰えるかどうかわかんないし……。

河合さん

せっかく山に来てるのに暗い話はやめてくださいよ……。

政治の悪口を言いながらビールをふた缶あけたくらいのタイミングで晩御飯の時間!
ビュッフェ形式で好きなおかずを好きなだけ取って良いらしい。

ヨッピー

すげえ!山小屋の食事って、ヒゲづらのおじさんが出てきてカレーライスをドーンって置いて「オラ!メシだ!食え!」みたいなのを想像してた!地元の野菜なんかもたっぷり使っててめっちゃ美味い……。

河合さん

それは正直、山小屋に寄りますね!貧相なところは今でも貧相です!

結局ご飯をおかわりしたり、角煮が気に入って無限におかわりしつつも、周囲のお客さんと「どちらからですかー?」みたいな感じでしばし談笑。
定年後の楽しみとしてカメラ片手に色んな山に登っては写真を撮っている人や、ご夫婦で日本の百名山を制覇しようと頑張ってる人などなど。

山小屋とは言え、こちらの八方池山荘はお風呂も完備!
バッチリお風呂に入ったらまた缶ビール片手に星空を眺めたりしてたんですけど(星の撮影は難しくて僕の腕では撮れませんでした)。

早朝出発に備えて早めの就寝!
ちょっと丈が足りないけど、まあ贅沢は言わない……!

【そして登山当日】

さあそんなわけでまだ薄暗い、朝4時半に出発!
テクテク登ってるうちに朝日が雲海の上から顔出して来るじゃないですか。
この神々しさ……!

ヨッピー

これが、山か……!今、すべてを理解したわ……!

河合さん

結論出すの早すぎですよ。

ちなみに、ルートは一本道でややこしくないし、わかりづらい所はこんな感じで地元の人が目印をつけておいてくれているので迷う事はまずないと思う。

あと、お世話になったから言うわけではないけど、「YAMAP」のアプリをインストールしておいて、登山前に行く山の地図をダウンロードしておけば、こんな感じでGPSを読み取って現在地と軌跡を表示してくれる!すごい!
電波が通じない所でも問題ないそうです!いやはや、便利になったもんやでぇ……!
あとは綺麗な花を見たり鳥を見たりしたよ。
鳥はほかにもたくさんいたけど、だいたいとんでもないスピードで飛んでたから僕の腕では全然撮れなかったよ。
そしてこんな絶景を見ながらひたすら歩くこと4時間……!
頂上に着いたぁぁああああああああ!!!!

河合さん

お疲れ様でした!

ヨッピー

いやーこちらこそ!本当に、以前に登った〇×山と全然違って道中の眺めも最高だし良かった!

河合さん

本当、晴れて良かったです!

ヨッピー

そうですね……。梅雨が長引いたせいで、この原稿も最高潮に締め切り限界ギリギリって感じなので……。なんとかなって本当によかった……。

河合さん

急に現実世界に引き戻さないでくださいよ……。

「せっかくだし」という事で持参した湯沸かし器で紅茶を淹れてくれる河合さん。
ちなみに河合さんも山グッズを買う時はメルカリを利用しているそうです。

焼きマシュマロを放り込んで頂きます。

ヨッピー

あかん……。ちょっと美味すぎるなこれは……!

河合さん

どうですか?山、好きになれそうですか?

ヨッピー

いや、正直「アリだな」って思ってしまいました。ただやっぱ、すれ違う人が年配の人ばっかりでちょっと寂しいですね。

河合さん

そうですね……。今の若い人は生活が厳しくて余裕がないのかも。大学の山岳部なんかもめっちゃ人が減ってるって聞きますし。

ヨッピー

ただ、今ビジネスマンの間で流行ってるのって「筋トレ、サウナ、英語」だと思っていて、その内サウナと筋トレって瞑想的な意味合いもあって流行ってると思うんですよね。

河合さん

あー、マインドフルネス的な。

ヨッピー

そうそう。登山も似てるなと思ったんですよね。登ってる時って心を空っぽにして無心に歩いてるわけですし。だからワンチャンあるのでは……?

河合さん

なるほど。でも、筋トレはともかくサウナに瞑想の要素ってあります?僕サウナに入らないからよくわからなくて。

ヨッピー

なるほど。では山を案内して頂いたお礼に、僕がサウナに案内しますよ※。

※僕は銭湯、サウナに週に8回行くくらいに、割と屈指のサウナ厨です。熱いお湯、もしくはサウナと水風呂に交互に入る「交互浴」は疲労回復からなにから、いろんなものに効いて最高なので騙されたと思ってみなさんもやってみてください。
そんなわけで下山後、白馬に来る前から目を付けていた「白馬龍神温泉」に来ました。ちゃんとアッツアツのサウナと、天然温泉の水風呂、外気浴スペースも備わった白馬屈指のサウナです。
そして1時間後、サウナの効果によって登山の疲れから完全回復して出てきた僕と、
完全にリラックスしきって、白目を剥いて出てきた河合さん。

「なんかもう眠くてしょうがないですね。このあと子どもの行事に出なきゃいけないのに……」とか言ってました。笑う。
そんなわけで、初めての本格登山のまとめ~~~!

・天候には注意!

とにかく、登山の一番の敵は「天候」だ!
天気予報とにらめっこしながら、危なそうなら無理せず中止する事が大事だぞ!

・初期投資はけっこうかかる

雨具やリュックなど、何にも持ってない!っていう人は初期投資にけっこうかかるかも!そういう時はメルカリを駆使してお得に装備をそろえよう!ただし、登山靴だけはちゃんと試着して足に合うものを買った方がいいので、専門店の人に相談しながら買うといいかも!

メルカリならトレッキングポールもたくさん!

・誰かと行こう!

今日の唐松岳も、比較的易しい山とは言え、「ここで足を滑らせたら確実に大けがするな」みたいなポイントはある!何人かで一緒に行った方が安全だ!

・マイペースに歩こう!

登る時は歩幅を小さく、自分の心拍数に注意しながらゆっくりゆっくり歩こう!あんまり飛ばすと後からしんどくなるぞ!


以上~~~!
山登り、行く前は「しんどそうだな」とか思ってたけど、綺麗な景色を見て大自然のふところに抱かれるのはめっちゃ気持ちいいので、これまでやった事ないっていう人もぜひ、この機会にチャレンジしてみてね~~~!

ヨッピー

ちなみに僕の登山スピードってどうでした?割と体力あるつもりだし、「こ、この人とんでもなく早い……!もしかして、山神(やましん)では……?」ってなりませんでした?

河合さん

いや、まあ普通です。

【企画・執筆】
ヨッピー

【取材協力】

YAMAP
https://yamap.com/

河合宗寛
http://mountainguide.kawaimunehiro.com/
186 件

WRITTEN BY

ヨッピー

様々な媒体で活躍中のライター。銭湯とサウナが3度のメシくらい好き。

好きなものと生きていく

メルカリマガジンは、「好きなものと生きていく」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。さまざまな方の好きなものや愛用品を通して、自由な人生の楽しみ方や多様性を紹介していきます。