櫻坂46×マイリスタート #8「世界には愛しかない」

世界的に未曾有の年となった2020年。そんな1年の締めくくりに、新たなスタートを応援するメルカリと櫻坂46の共同キャンペーン「My Restart Project」が始まった。本キャンペーンに合わせ、2020年12月24日より、新テレビCM「櫻坂46マイリスタート/告知」篇を全国(一部地域を除く)で放映開始すると同時に、欅坂46からリスタートを切る櫻坂46のメンバーが「思い出の品」を紹介する、全9本のWEB動画を特設サイトにて順次公開する。

メルカリマガジンでは、この「思い出の品」動画の全内容と撮り下ろし写真を大公開!メンバーがそれぞれの「思い出の品」にまつわる想いを語り、欅坂46時代の9曲を、櫻坂46と一緒に振り返ることができるオリジナルインタビューとなっている。(構成/メルカリマガジン編集部)

(左 上村莉菜、中央 守屋茜、右 齋藤冬優花)

――この曲の思い出を教えてください。
守屋 「セリフの曲って何?」って思ったの覚えてる。
齋藤 思った。
上村 うん。「笑顔で」って指示されることが初めてだったから。
守屋 「いいんだー」みたいな(笑)。
上村 そう。「笑顔解禁」みたいな嬉しさがありました。
齋藤 ドラマ撮影と……。
守屋 冠番組以外に、もうひとつバラエティの収録とかも重なっていて、本当にいろんな仕事が一気に。初めてのことだらけで、本当に一つひとつをこなすのが大変で必死だった。
齋藤 うん。必死だった。初めての北海道寒かった。うふふ。
全員 (笑)
――MV撮影の思い出
守屋 MV史上一番寒かったんじゃないかってくらい。6月とかだよね。
齋藤 6月で。
上村 だけど夏曲だから……。
齋藤 半袖で(笑)。
守屋 でも、すごい大草原とか、今のシーンとかめっちゃ綺麗で。
上村 けっこうメンバーと寝ることが多かったね。合間に。
守屋 もうさ、重なっていたよね(笑)。
上村 MV撮影のこの体育館でもダウンコートを着て。
守屋 「おしくらまんじゅうをしたらあったまるから」って。常にぎゅーってしてた気がする。あと、ライブの時とかもだけど、傘を投げるシーンあるじゃん?
上村 後ろに。
守屋 あれが怖くて。
齋藤 すっごい練習したよね。
守屋 あと、高さを合わせないといけなくて。
上村 そう! 私は身長が低いからすごい地面にバンバンぶつかっちゃうから、短く持たないと、とか。逆に上げる時は高く上げないと、とか。すっごい苦戦したのを覚えている。
守屋 このくるくる回すシーンで「ここは映らないから」って変顔をしてました(笑)。
齋藤 もしかしたらこれ拡大したら(笑)。
上村 透けて見えたら恥ずかしいね(笑)。
――欅坂46 >> 櫻坂46へ。あなた自身、どうリスタートしますか?
齋藤 私キャラ変しようとしてたんだよね。
守屋 そうなの!?
齋藤 本当に考えてた。すっごい、おしとやかな......。
守屋 あはは。めっちゃ笑っちゃった。
齋藤 女の子になろうとしていた。櫻坂46の番組の一本目の収録で、「キャラ変えるなら今だ!」ってちょっと静かにしてみたけど、全然ダメだった(笑)。「あぁ、やっぱダメだ。自分らしくいこう」ってなって。
守屋 それが一番よ。本当、個性豊かでみんながすごい個が強いから。でも、それが欅坂の時ってグループイメージとか、カラーとかもあったから、なかなか出しにくい部分もあったじゃん。櫻坂になったら、みんなすごい生き生きしていて。このリスタートでは、「もっと自由に自分を出していきたいな」ってすごい思ったし、みんな本当に、個性を見せていけたらってすごい思う。
――あなたがリスタートさせる “モノ” を教えてください。
守屋 私たちの思い出の品は、「世界には愛しかない」の青い傘です。この傘はMVでも使わせていただいていたんですけど、ライブでも実は登場していたりして。
齋藤 青い傘って使ったことなくて。でも、やっぱこの曲のこの衣装と、曲調と、「青しかないな」って思う。
上村 歌詞にも出てくるしね。
守屋 この傘本当に一番回しやすくて。一番ダンスの時もやりやすかった。
上村 確かに。
守屋 分かる?
上村 うん。
守屋 めちゃめちゃ違うんですよ。絶妙に軽いんだよ。
齋藤 わかる。でも、しっかりしていて。
守屋 いろんな思い出が詰まった傘なんですけど、でも本当、これから私たちが前を向いて新しく進むために、リスタートの意味を込めて、この傘とはお別れをします。

全員 「世界には愛しかない」の青い傘を、メルカリへ。みんなで応募してねー!
8 件

WRITTEN BY

メルカリマガジン編集部

誰かの「好き」が、ほかの誰かの「好き」を応援するようなメディアになりたいです。

好きなものと生きていく

メルカリマガジンは、「好きなものと生きていく」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。さまざまな方の好きなものや愛用品を通して、自由な人生の楽しみ方や多様性を紹介していきます。