櫻坂46×マイリスタート #7「二人セゾン」

世界的に未曾有の年となった2020年。そんな1年の締めくくりに、新たなスタートを応援するメルカリと櫻坂46の共同キャンペーン「My Restart Project」が始まった。本キャンペーンに合わせ、2020年12月24日より、新テレビCM「櫻坂46マイリスタート/告知」篇を全国(一部地域を除く)で放映開始すると同時に、欅坂46からリスタートを切る櫻坂46のメンバーが「思い出の品」を紹介する、全9本のWEB動画を特設サイトにて順次公開する。

メルカリマガジンでは、この「思い出の品」動画の全内容と撮り下ろし写真を大公開!メンバーがそれぞれの「思い出の品」にまつわる想いを語り、欅坂46時代の9曲を、櫻坂46と一緒に振り返ることができるオリジナルインタビューとなっている。(構成/メルカリマガジン編集部)

(左 上村莉菜、中央 小池美波、右 原田葵)

――この曲の思い出を教えてください。
全員 えー。
原田 私、一番好きです。ダンスの一番最初に歩くシーンがあるんですけど、その時にメンバーの顔が見れるので、それが嬉しくて、いつもそれで笑顔になってから踊るのがすごい楽しかったなって思い出があります。
小池 自分の中ではフロントというのも初めてだったし、全てが初めての楽曲だったので、不安もありましたし、緊張もあったんですけど、一番感情を表現しやすい楽曲なので、「みんなに対してこういう風に思っているんだ」とか、「みんなと顔を合わせるのがこんなに嬉しいんだな」とか、いろんな新しい自分に出会うこともできたので、すごく素敵な機会をいただけたな、って思っています。
上村 実際にライヴ中とかは、がんばっているみいちゃん(小池)の背中を見たりして、すごい勇気をもらっていました。

――ケンカはしましたか?
小池 ケンカはないかもしれないですけど、あおいとセゾンのセンターを一緒にやったことがあるんです。その時にふたりとも、本当に不安な気持ちが大きすぎて、お互いにマイナス思考な言葉しか交わさないことがあったんです、「できないできない」みたいなことをずっとお互いに言っていて。このままこの気持ちでファンの方に挑むのは失礼だ、って、お互いにちょっときつく言い合った時は一瞬ありました。
原田 けっこういつもみいちゃんいつも言ってくれるかもしれないです。自分が自信を持てる一言を与えてくれつつ、ファンの方の前に立つのにマイナス思考じゃいけないから、っていうのを伝えてくれる感じがします。
――欅坂46 >> 櫻坂46へ。あなた自身、どうリスタートしますか?
小池 新しく始めたいこととかある? 櫻坂で。
上村 櫻坂だから出られるイベントとか、フェスとか、そういうのにも出てみたいな、って思っています。
原田 それこそ欅坂でできなかったことを櫻坂ではやりたいな、って思いが強くて。だからこそ海外で行ってライブをやりたいな、って。
小池 みんなと一緒にいることが、やっぱりどこか当たり前と思っちゃっていたので。このMVの撮影の途中とかにも、監督さんに「みんなでいられるのはこういう一瞬しかないんだ」って言われていたんです。どこか当たり前だと思っていたからこそ気付けなかったんですけど、日々「二人セゾン」をライブとかで披露していくなかで、卒業していくメンバーとかのシルエットがなかったりすると、この曲の意味をすごく身にしみて感じて。ちょっとこの当時のMV撮影の時を後悔したりとかもしましたね。
原田 昔よりも今の方が良さがすごいわかる曲だなって思います。
――あなたがリスタートさせる “モノ” を教えてください。
小池 私たちの思い出の品は、「二人セゾン」の衣装です。秋っぽい深い赤色なんですけど、紅葉っぽい色で、すごくあたたかさを感じる色味の衣装で。この曲自体も心温まる楽曲でもあるし、でもどこかちょっと切なさだったり、儚さを感じる曲でもあって。私たちにとっても日々すごく大切だなと思える曲であり、衣装だったので、ちょっとお別れするのは寂しいんですけど、お別れします。寂しいね、でも。
上村・原田 うふふ。

全員 「二人セゾン」の衣装を、メルカリへ。みんなで応募してねー!
6 件

WRITTEN BY

メルカリマガジン編集部

誰かの「好き」が、ほかの誰かの「好き」を応援するようなメディアになりたいです。

好きなものと生きていく

メルカリマガジンは、「好きなものと生きていく」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。さまざまな方の好きなものや愛用品を通して、自由な人生の楽しみ方や多様性を紹介していきます。