櫻坂46×マイリスタート #5「風に吹かれても」

世界的に未曾有の年となった2020年。そんな1年の締めくくりに、新たなスタートを応援するメルカリと櫻坂46の共同キャンペーン「My Restart Project」が始まった。本キャンペーンに合わせ、2020年12月24日より、新テレビCM「櫻坂46マイリスタート/告知」篇を全国(一部地域を除く)で放映開始すると同時に、欅坂46からリスタートを切る櫻坂46のメンバーが「思い出の品」を紹介する、全9本のWEB動画を特設サイトにて順次公開する。

メルカリマガジンでは、この「思い出の品」動画の全内容と撮り下ろし写真を大公開!メンバーがそれぞれの「思い出の品」にまつわる想いを語り、欅坂46時代の9曲を、櫻坂46と一緒に振り返ることができるオリジナルインタビューとなっている。(構成/メルカリマガジン編集部)

(左 土生瑞穂、中央 尾関梨香、右 原田葵)

――この曲の思い出を教えてください。
尾関 ワイワイ騒ぐみたいなシーンがあって、今までのMVってそういうシーンって、どちらかというとダンスというか。素の部分があまり出るっていうのがなかったじゃん。だから「本当に自由にやって」っていう空間が、すごく心地よくて楽しかったのを覚えているかな。
原田 今回すごい明るいから、笑顔が多かった曲だから、その前からみんなで笑って楽しく臨むようにしていたかなとすごく思います。
土生 ライブとかでもみんな笑顔で、ファンの方も一緒に「That's the way」って言ってくださったりとかするから。すごい盛り上がる曲だなって思う。

――衣装のスーツについて
尾関 スーツ自体あんまり着たことがなかったから。
土生 そこからすごく自分の私服も、けっこうスカートよりもパンツにすることが多くなって。引き続き、かっこよさというのを磨いていきたいなと思ったかな。
――ダンスは難しかったですか?
全員 難しかったよね。
尾関 それこそコンテナの上でサビを踊るときに、コンテナ自体が揺れるので、そこの上で、まだ振り入れをして慣れない状態でのステップがかなり難しくて。
土生・原田 確かに。
尾関 気合いでね、乗り切っていました。
土生 自由にポーズを決める振り付けもあって、それもすごい研究していたよね、みんなでね。普通に手は腰なんですけどね。
原田 隣が渡邉理佐で、すごいスタイルがいいから、ちょっと手を上に上げて足が長く見えるように、歌番組とかいつも踊っていました。
土生 うふふ。
――欅坂46 >>  櫻坂46へ。あなた自身、どうリスタートしますか?
尾関 けっこういろんな振り幅のある曲をやってきたなって感じているから、それをいかにこれからブラッシュアップできるか大事かな、って。
原田 そうだよね。でも、きっとまだやったことのないことがたくさんあると思うから、それを櫻坂ではリスタートしていろんなことを挑戦していけたらいいな、ってすごい思います。

――あなたがリスタートさせる “モノ” を教えてください。
尾関 私たちの思い出の品は、「風に吹かれても」の衣装です。私たちにとって初めてのスーツスタイルで、本当にライブでも、何度も洋服がこすれるくらいまで踊りまくった衣装です。たくさん思い出が詰まっていて、寂しいんですが、お別れをします。

全員 「風に吹かれても」の衣装を、メルカリへ。みんなで応募してねー!
8 件

WRITTEN BY

メルカリマガジン編集部

誰かの「好き」が、ほかの誰かの「好き」を応援するようなメディアになりたいです。

好きなものと生きていく

メルカリマガジンは、「好きなものと生きていく」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。さまざまな方の好きなものや愛用品を通して、自由な人生の楽しみ方や多様性を紹介していきます。