櫻坂46×マイリスタート #4「ガラスを割れ!」

世界的に未曾有の年となった2020年。そんな1年の締めくくりに、新たなスタートを応援するメルカリと櫻坂46の共同キャンペーン「My Restart Project」が始まった。本キャンペーンに合わせ、2020年12月24日より、新テレビCM「櫻坂46マイリスタート/告知」篇を全国(一部地域を除く)で放映開始すると同時に、欅坂46からリスタートを切る櫻坂46のメンバーが「思い出の品」を紹介する、全9本のWEB動画を特設サイトにて順次公開する。

メルカリマガジンでは、この「思い出の品」動画の全内容と撮り下ろし写真を大公開!メンバーがそれぞれの「思い出の品」にまつわる想いを語り、欅坂46時代の9曲を、櫻坂46と一緒に振り返ることができるオリジナルインタビューとなっている。(構成/メルカリマガジン編集部)

(左 尾関梨香、中央 小林由依、右 小池美波)

――この曲の思い出を教えてください。
小林 初めて聴いた時は「Rock you!」とか入っているのが、すごい......。やっぱりアイドルとしてやっていたから「こんな曲も歌うんだ」って思って。
尾関 家族とかにもびっくりされたし、私がこういう曲を踊っているイメージがあんまりないって言われたりとか、いろいろ反響は大きかった。
小林 ヘドバンがね。
小池 ほんとにロックって感じだったよね。
小林 MVはダンサーさんと一緒に撮ったもので。人数も今までの倍いるようなものだったから、けっこう迫力というのが相当すごいものになっていた。
小池 ダンスバトルをする時が来るなんて思っていなかったよね。
尾関 かなりダッシュしたよね。
小池 監督もTAKAHIRO先生も熱くなっていたね。すごいマイクで「うおおー!」って言ってたよね。
小林 気迫というか、全身全霊でというか。我を忘れて必死に伝えるというものが大きい曲でもあるなと思って。
――ライブの思い出
小池 東京ドームの時も一番初めの楽曲がこれだったから。
小林 そうだよね。
小池 これで始まって以降がすごかったよね。気合いがより入るから、「ガラスを割れ!」で始まると、よりみんなの気持ちも。
尾関 他の曲とは違う何かがあるよね。
小池 あるよね。
尾関 なんだろうね。

ーー普段からこういう服装しますか?
全員 えっ……(笑)。
尾関・小林 MA-1とか?
尾関 この楽曲で衣装で着て、私はMA-1という存在を知ったのね。だからこの年の冬は普通に私服でMA-1のコートを買って。
小池 着てたかもね。カーキ色みたいなやつだよね。
尾関 そう。ずっと着てた。

ーー不良エピソードはありますか?
小池 私は髪色かも。自分の中で「Rock you!」できなかったのが悔しくて。
尾関 MV撮影の時?
小池 そうそうそう。「絶対に欅坂にいなかったらやらなかったことってなんだろう?」って考えたら、金髪だったから。「じゃあやろう」と思って、金髪にしたという、ちょっと不良エピソードが(笑)。
尾関・小林 (笑)
――欅坂46 >> 櫻坂46へ。あなた自身、どうリスタートしますか?
小池 欅坂としての5年って、やっぱり全て終わったわけじゃないから。自分たちの中でいいものを吸収したまま残り続けているから、それを今度は櫻坂でいっぱい放出していきたいし、曲の中にある「目の前のガラスを割れ!」というのを常に大事にしていきたいなと思いました。

――あなたがリスタートさせる “モノ” を教えてください。
小林 私たちの思い出の品は「ガラスを割れ!」の衣装です。「ガラスを割れ!」の衣装は、裏地も赤とか黒だったりするので、踊った時の綺麗さというのがすごく分かりやすい衣装だったかな、と思います。思い出としてこのかっこいい衣装、かっこいい楽曲というのを心の中に秘めておいて、また私たちもまた新しい姿を見せられたらいいなと思います。

全員 「ガラス割れ!」の衣装を、メルカリへ。みんなで応募してねー!
7 件

WRITTEN BY

メルカリマガジン編集部

誰かの「好き」が、ほかの誰かの「好き」を応援するようなメディアになりたいです。

好きなものと生きていく

メルカリマガジンは、「好きなものと生きていく」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。さまざまな方の好きなものや愛用品を通して、自由な人生の楽しみ方や多様性を紹介していきます。