櫻坂46×マイリスタート #3「アンビバレント」

世界的に未曾有の年となった2020年。そんな1年の締めくくりに、新たなスタートを応援するメルカリと櫻坂46の共同キャンペーン「My Restart Project」が始まった。本キャンペーンに合わせ、2020年12月24日より、新テレビCM「櫻坂46マイリスタート/告知」篇を全国(一部地域を除く)で放映開始すると同時に、欅坂46からリスタートを切る櫻坂46のメンバーが「思い出の品」を紹介する、全9本のWEB動画を特設サイトにて順次公開する。

メルカリマガジンでは、この「思い出の品」動画の全内容と撮り下ろし写真を大公開!メンバーがそれぞれの「思い出の品」にまつわる想いを語り、欅坂46時代の9曲を、櫻坂46と一緒に振り返ることができるオリジナルインタビューとなっている。(構成/メルカリマガジン編集部)

(左 土生瑞穂、中央 渡邉理佐、右 渡辺梨加)

――この曲の思い出を教えてください。
土生 ジャケット写真でスーパーボールを上から落として。
渡邉 やったね。
渡辺 うんうん。
土生 すごい楽しかった。
渡邉・渡辺 楽しかったね。
渡邉 カッコいいよね。
土生 ライブとかでもすごい盛り上がったし。
渡邉 間奏の「wow wow」のところとか、絶対にファンの人は言ってくださるし。イヤモニしてても、それが聴こえるから。それで逆にこっちもテンション上がるというか。「やってやるぞ!」って思う。
――当時の欅坂について
渡邉 「アンビバ」とかあたりで、みんながだんだん大人になっていたような気がする。考え方とか。
土生 そうだね。
渡邉 主人公が「私」になったじゃない?
土生 「僕」から。
渡邉  それもなんかすごく成長だなって思うし。
土生 曲に合わせて成長していったよね。
渡邉 初披露するってなった時に、確か「欅共和国」だったんだよね。
渡辺 あぁそうだー。
土生 一番最後だよね。
渡邉 そうそう。共和国で、ライブのリハをしながら「アンビバ」の振り入れもして、めちゃくちゃハードだったのをすごく覚えている。
――振り付けについて
渡邉 振りとかもさ、私個人的にめちゃくちゃ難しくて。
渡辺・土生:難しかった。
渡邉 すごい苦戦した。
土生 でも​触れ合う振り付けが多かったから、ライブでもすごくみんなの目があったりして、すごく楽しかったし。
渡邉 たしかに。
土生 衣装のシューズが擦れるぐらいまでやったな、って思うから。ぺーちゃん(渡辺梨加)は?
渡辺 うふふ。

――ライブの思い出
渡辺 この前の(欅坂46の)ラストライブの時の「アンビバレント」で、手にレーザーを持って。
土生 やったね。
渡辺 やったのが初めてだったから、すごく楽しかった。うふふ。
土生 うふふ。
――欅坂46 >> 櫻坂46へ。あなた自身、どうリスタートしますか?
土生 ちゃんと軸は、欅坂時代にいろいろ経験してきたものがあるので、そこからどう花を咲かせていくかということだと思うから……
渡邉・渡辺 (静かに拍手)
土生 (渡邉・渡辺に)すごい?
渡邉 上手。
渡辺 うん。ふふふ。
土生 TAKAHIRO先生もおっしゃっていたけど、どうこれから一人ひとりが個々を咲かせていくかが、大事なんじゃないかなと思うので。満開になるようにがんばりたいなと思うから。
渡邉 がんばりたいね。
渡辺 うん。

――あなたがリスタートさせる “モノ” を教えてください。
渡邉 私たちの思い出の品は「アンビバレント」の衣装です。すごくシンプルなんですけど、「アンビバレント」の振り付けに合わさるとすごくかっこよくも変化しますし、この衣装を着ていろんなステージに立たせていただいたので、たくさんこの時の思い出が詰まっています。

全員 「アンビバレント」の衣装を、メルカリへ。みんなで応募してねー!
9 件

WRITTEN BY

メルカリマガジン編集部

誰かの「好き」が、ほかの誰かの「好き」を応援するようなメディアになりたいです。

好きなものと生きていく

メルカリマガジンは、「好きなものと生きていく」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。さまざまな方の好きなものや愛用品を通して、自由な人生の楽しみ方や多様性を紹介していきます。