櫻坂46×マイリスタート #1「誰がその鐘を鳴らすのか」

世界的に未曾有の年となった2020年。そんな1年の締めくくりに、新たなスタートを応援するメルカリと櫻坂46の共同キャンペーン「My Restart Project」が始まった。本キャンペーンに合わせ、2020年12月24日より、新テレビCM「櫻坂46マイリスタート/告知」篇を全国(一部地域を除く)で放映開始すると同時に、欅坂46からリスタートを切る櫻坂46のメンバーが「思い出の品」を紹介する、全9本のWEB動画を特設サイトにて順次公開する。

メルカリマガジンでは、この「思い出の品」動画の全内容と撮り下ろし写真を大公開!メンバーがそれぞれの「思い出の品」にまつわる想いを語り、欅坂46時代の9曲を、櫻坂46と一緒に振り返ることができるオリジナルインタビューとなっている。(構成/メルカリマガジン編集部)

(左 藤吉夏鈴、中央 森田ひかる、右 小林由依)

――この曲の思い出を教えてください。
小林 改名を発表した後に、初披露した曲だから、ファンの方にとっても私たちにとってもけっこう、いろんな感じ方をした曲かなと思うけど。
藤吉 初披露をした時はすごく震えていました。パフォーマンスする時に震えたのは初めてだったから、自分でもびっくりして。そのくらい意気込んでいたのかな、って、今思えば。
森田 でも、「好き」って言ってたよね。
藤吉 好き(笑)。
小林 最後に目をつぶって終わるじゃん、この目をつぶってみんなが開けるタイミングが、すっごい遅くて。開けたらもう配信も終わっていて、スタッフさんも前にいて、みたいな感じで。本当にその最後の余韻をみんな噛み締めていたんだな、って思った瞬間だったかなと思います。
――欅坂46 >> 櫻坂46へ。あなた自身、どうリスタートしますか?
小林 どのようにリスタートするか。私たち一期生は、この5年、欅坂としてやってきて、その時のことも踏まえて、櫻坂ではどうしようというのは、けっこう思っていたりもするんだけど、二期生はさ、2年くらいだったじゃない。だからすぐに櫻坂としての活動の方が長くなるわけだから、そういうところはどう感じているのかな、って。
森田 欅坂でこうやって約2年間活動をできていたことが、私は本当に嬉しくて。幸せだったので、だからこそ、もっと櫻坂では、「こうやってやっていきたい」と思うような目標とかも見つけられましたし、もっともっとグループのことを考えるようにもなったと思います。
藤吉 欅坂で活動できる時間がすごく短くて、こんなに短いと思っていなかったので、いろんな後悔とかもあったりするので。でも、その気持ちを櫻坂で活かせたらな、とも思いますし、本当に大事な時間だったなって思いますね。
――あなたがリスタートさせる “モノ” を教えてください。
森田 私たちの思い出の品は「誰がその鐘を鳴らすのか」の衣装です。欅カラーの緑でチェック柄なんです。あと、エンブレムがいつもは肩の部分についていたんですけど、今回胸の部分についていて。で、最後の振り付けで「今までの思いを胸にしまって、離す」という部分でも、この衣装はとても思い入れの深い衣装かなと思います。ちょっと寂しい気持ちはありますが、リスタートするために、お別れします。

全員 「誰がその鐘を鳴らすのか」の衣装を、メルカリへ。みんなで応募してねー!
7 件

WRITTEN BY

メルカリマガジン編集部

誰かの「好き」が、ほかの誰かの「好き」を応援するようなメディアになりたいです。

好きなものと生きていく

メルカリマガジンは、「好きなものと生きていく」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。さまざまな方の好きなものや愛用品を通して、自由な人生の楽しみ方や多様性を紹介していきます。