ライダーベルトが縮めた2人の距離。宮下草薙が偏愛する、一風変わったもの

2021年9月30日(木)より、メルカリの新しいテレビCM「メゾンメルカリ・新品じゃなくても」篇が全国(一部地域を除く)で放映開始しました。CMオリジナルソング「それ、新品じゃなくてもいいんじゃない」を演奏する「メルカリバンド」のメンバーである宮下草薙のお2人に、初の楽器演奏の感想と、物にまつわるこだわりについてのインタビューを実施。生まれ年のベースが欲しいという宮下さんの話に始まり、デビュー直後の2人の距離を縮めた変身ベルトの話題へ、トークはテンポよく進んでいきます。お互いの偏愛を否定することのない、独特の温度の優しさと信頼が、軽やかな言葉の応酬の中にありました。(取材・文/長嶋太陽、編集/メルカリマガジン編集部)

早く自分の生まれ年のベースを検索したい

テレビCM「メゾンメルカリ・新品じゃなくても」篇撮影風景

――撮影お疲れ様でした。お二人とも楽器の演奏は初挑戦だったそうですが、いかがでしたか?

宮下:僕はベースをやらせてもらったんですけど、マジでハマりそう。めっちゃ楽しい。奥深い世界を知りました。教えてくれた先生がたまにちょっとボケを挟んできたのには、愛想笑いしていたけどね(笑)。 草薙はお遊戯会だったね。

草薙:タンバリンだったからね。でも楽しかったよ。 ベース欲しくなったんでしょ? 生まれ年のベース買うって言ってたね。  

宮下:1990年に作られたベース、買いたいなって。ヴィンテージでどんどん値段上がるよ、って言われたのもあって。

「それ、新品じゃなくてもいいんじゃない?」の楽曲MV撮影風景

――「それ、新品じゃなくてもいいんじゃない」の曲の感想を教えていただけますか?

宮下:すごく耳に残る、いい曲ですよね。

草薙:ね。帰り道にタクシーの中で歌っちゃいそう。あの、ええと、あの部分、えっと…やばい、全然出てこなかった(笑)。

宮下:覚えてないじゃん! 僕らはコーラスだけだったんですけど、歌の録音ってすごく新鮮でした。草薙も録ってもらった?

草薙:録ってもらったよ。遠くに投げかけるパターンの「いいんじゃない!」も録ったし、問いかけるパターンの「いいんじゃない?」も録った。どれが使われるのだろう。

宮下:
途中で「ちょっと一回聞いてみましょうか」みたいなのってあった?

草薙:え、ないよ。

宮下:みんなで聞いて、「ああいいですねー」っていうのやったよ。 なかったの?

草薙:そんなのなかったよ。おかしいな。

宮下:あの時間楽しかったな。

草薙:なんか悔しいな。

カバンとか、変にピカピカなやつ使ってると恥ずかしい時ない?

――草薙さん、タンバリンのコツはつかみましたか?

草薙:全然つかめてないです。ただ叩くだけ。僕以外はみんな練習が1時間くらいあったけど、タンバリンは5分で終わりました。 楽だなラッキー!って思っていたら、撮影が始まって一番最初に注意されましたね。歌いながら叩くのって難しいですよ。

宮下:草薙のタンバリンだけやけに錆びてたしね。

草薙:うん。でも楽しかった。

宮下:楽しかったね。

――歌詞にもありますが、「新品じゃなくてもいいかな」って思う買い物って、どんなものが思い浮かびますか?

宮下:自分の生まれ年のベースって、新品ではないわけじゃないですか。中古であることに価値があるというか。そういう物の魅力もあるんだなって思いましたね。早く自分と同い年のベースを検索したいです。うずうずしています。どんなのがあるのか楽しみですよ。普段からメルカリを利用しているし、まずはメルカリで探そうかなと。そこで出会いがあればポチッとします。

草薙:「初心者が始めるなら新品じゃなくても」って歌詞もあったよね。 カバンとか、変にピカピカなやつ使ってると恥ずかしい時ない? 気合入ってるじゃんって思われるのも嫌だし。使い込まれたやつの方がいいなって。

宮下:ずっと使ってる感、確かにいいよね。
草薙:そうそう、そういうの。 小学5年生の時にランドセル変えたんですよ。成長して入らなくなってしまったから。で、高学年なのにピカピカのランドセル持っていると、目立つし、なんか恥ずかしかったんです。

宮下:新品だー!ってテンションあがらなかったんだ。

草薙:上がんない。なんか気持ち悪かった。一人だけ。

宮下:ランドセル入らなくなるって、どんな成長を遂げたの。

草薙:入学した頃はちっちゃかったから。  

宮下:ランドセルって結構調節できますけど。

草薙:入んなくなった。  

宮下:えっと、それ本当のエピソード?

草薙:あはは (笑いながらごまかす)

宮下:え、嘘なの?どっち?

草薙:なんもエピソードなくて。今考えた。

宮下:お前よくここで嘘つけるな。 逆にすごいわ。
草薙:でもほらやっぱ中古の方がいいこともあるじゃないですか。ありますよね? ちょっと使っている感がある方が安心できたりとか。

宮下:まあね。

私服のベルトは1本。仮面ライダーのベルトは…100本くらい。

――芸人としてブレイクする前後で、欲しいものは変わったりしましたか?

宮下:本当に全く変わってなくて。仮面ライダーのおもちゃとかボードゲームとかビーダマンとか、そういうものがずーっと大好きなんです。欲しいものの種類は変わらないんですけど、量は増えました。今まで1つだけしか買ってなかったものを、観賞用と保存用、遊ぶ用で3つ買ったりするようになって。

草薙:保存用と観賞用は別なんだ。

宮下:そう。観賞用はパッケージから出してガラスケースに入れておいたりする。

草薙:保存用は開けもしない?

宮下:開けずに、なるべく暗ーい押入れに。

――どういったものを買うんですか?

宮下:大人サイズの仮面ライダーのベルトが出ているんです。1本で数万円するような高級なやつなんですけど、それを遊ぶ用、観賞用、保存用で3つ頼みましたね。下手したら、ベルトだけで総額500万くらい使っているのかな…。3つセットで買うことが多くて。いろんな付属品がセットで1本8万円するようなものもあったりして。それを3つ買ったら24万円になるから、だいぶいってますね。
草薙:すごいね。

宮下:ただ、保存状態さえよければ値段が上がってくだけなんですよ。資産です。一種の資産として、仮面ライダーのベルトを所持している。

草薙:私服のベルトは1本しか持ってないのにね。

宮下:私服のベルトは1本。仮面ライダーのベルトは100本くらい。

――すごい。子どもの頃からずっとそういうおもちゃがお好きなんですか?

宮下:そうですね。子供のときの生活と変わってないですよ。お気に入りの変身ベルトをつけ続けて。外すのはお風呂のときぐらい。お風呂から出て髪乾かしたらすぐにつけるし(笑)。  

――幼稚園児の時に、仮面ライダーのアーマーを紙で作って、それをつけてデパートに行ったことを思い出しました。でも、そういう感覚って大人になるにつれて忘れてしまう気がして。忘れずにいられる秘訣って、何かありますか?

宮下:秘訣も何も、ただ変わってないだけなんですよね。趣味とか好きなものが。まだ大人になってないからなのかわからないですけど、とにかく好き。もうずっと好き。好きなまま。
草薙:自作の仮面ライダーアーマー、去年やっていたもんね、宮下。

宮下:去年やっていましたね。外には出ていないですけど。仮面ライダーが変身する瞬間をダンボールで完全再現したすぎて、仕掛けの糸を引っ張ってもらったりして。

草薙:それを弟に撮影してもらってね。あと、宮下の実家には自分で作ったガラスケースがあって、そこにベルトが入ってるんですよ。

宮下:ガラスケースにLEDをつけて光らせて、それを見ながら寝るっていうのが至福の時なんです。

草薙:一回見に行ったなー。あれ何だったんだろう。 変身シーンを見て拍手するっていう。

宮下:そうね。ベルトを並べて、どれ見たい?って僕が聞いて、草薙がこれっていうのをつけて変身して。すごーい!っていう時間。
草薙:僕にはその変身のやり方が合ってるかわからないんですけどね。コンビ組んで1年目とかだよね。

宮下:あの時間懐かしいね。

草薙:正直、何やっているんだろうとは思ったけど、なんか楽しそうだしまあいいかって。すごいよね。それぞれ違う変身のポーズ覚えてね。

宮下:
僕はあそこで距離が縮んだと思っていますけど。

草薙:そうだね。やってくれて楽しかったですね。

宮下草薙(みやしたくさなぎ)

草薙航基(左)
生年月日:1991年8月23日
1991年生まれ、愛知県出身

宮下兼史鷹(右)
生年月日:1990年11月16日
1990年生まれ、群馬県出身

23 件

WRITTEN BY

メルカリマガジン編集部

誰かの「好き」が、ほかの誰かの「好き」を応援するようなメディアになりたいです。

好きなものと生きていく

メルカリマガジンは、「好きなものと生きていく」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。いろいろな方の愛用品や好きなものを通して、人生の楽しみ方や生き方の多様性を紹介できればと思います。